SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 理想主義なのかヘタレなのか | Main | 過酷で無慈悲で不合理な »

May 18, 2014

けもの道

集団的自衛権。国会でよく議論しろと公明党は言っているが、そもそもこれは立法ではない。内閣の「見解」で憲法解釈を変えるという掟破りだから決もとる必要がない。成立させるべき法もないのだから。適宜に時間をとって野党の反対意見を聞き、「参考になりました。じゃあこのへんで」



改憲どころか強行採決すらする必要がないのだ。まさかこんな裏道を使って集団的自衛権を正当化するとは思わなかった。

弱点は法ではないこと。解釈だから次の政権がまた解釈を変えればいいのだが、憲法をここまでないがしろにするなら、どんどん骨抜きになって行く。それが恐ろしい。

僕は改憲論者である。だから堂々と議論して直すべきところは直すべきだと考えていたが、まさかここまで非道とは。周辺の緊張があるならなおいっそう王道を歩むべきではないのか。ほとんどの事態は個別的自衛権で対応できることは、自民党さん。あなた達が一番よく知っているだろう。

所詮まともな論戦では通らないと思っているから、こんなことをする。日本は獣道を歩む国に成り下がるのか。

武力の行使に絶対反対の立場じゃない。
山田洋次監督がテレビで「中国とも北朝鮮とも話せばわかるんだから」と言っていたが、僕はそこまで楽観的ではない。地獄の収容所で赤ん坊まで囚人にする国と、ウイグルに地獄の弾圧を重ねる国とまともに話せるかどうかという思いはある。


しかし我らはそれでも最後の最後、99.99999%のプロセスを外交という戦争で戦うべきなのだ。武力の行使は最終手段であり、その時も丸腰でいいとは思わない。

しかし今の政権は最初から腕まくりをしいつでもやってやるという姿勢が見え見えだ。こんな国家に誰が心を許すだろう。世界に向けても国民に向けてもウソにウソを重ね、外交よりも戦車が好きな宰相である。

何度言われればこの国の人達も気がつくのだろうと思う。強い危機感を感じている。

-

« 理想主義なのかヘタレなのか | Main | 過酷で無慈悲で不合理な »

Comments

隣の大国の覇道に対して日本が取るべき対応は王道であって欲しいと私も思います。

改憲についてはどちらかというとネガティブですのでBBさんとは立場が違いますが、現在の首相の言動は許せないレベルに達してます。

王道を歩めない政権は所詮は滅びるだろうと思っています。もちろん大きな警戒感と共に。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/59664692

Listed below are links to weblogs that reference けもの道:

« 理想主義なのかヘタレなのか | Main | 過酷で無慈悲で不合理な »

-