SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« May 2014 | Main | September 2014 »

June 23, 2014

欠損ではない

理屈なんかどうでもいいから、とにかくさっさと結婚して子供を産めと内心彼らは思っている。だから少子化対策と、あのような輩は水面下で実は繋がっている。

本当にこの社会に女性の力を借りたいなら、結婚しようとしまいと、子供を産もうと産むまいと、無関係に平等にその立場を尊重することだ。

世には、結婚したい人、したくない人、子供を産みたい人、産みたくない人、機会に恵まれる人、恵まれない人、父のない人、母のない人、異性を愛する人、異性を愛さない人。様々な人達が生きている。

それを「欠損」だと考えるから他人に高飛車に無神経になる。「個性」と思えば尊重できる。わからぬか。

Continue reading "欠損ではない" »

June 22, 2014

紫陽花の使者



雨の季節にいつも紫陽花は咲き色褪せてやがて散る。あの年の強烈な花はもう散ったけれど翌年になるとまた花を咲かせる。あの時、我らが立ち止まった場所に何度でも現れる使者のように。

忘れるな。

Continue reading "紫陽花の使者" »

June 17, 2014

かつて嫌っていたこと

僕はあの古い下北沢の駅を愛していたのだなあと夜中に写真を見ながらふいに思う。

やれやれだ。

なくしたものは帰らないし、新しいものは、なくしたところからでないと始まらない。それはわかっているけれど、前も向けず先へも進めず、うずくまって生きることが意味が無いなんて誰が言えるだろう。

かつて嫌っていた生き方が、気を許すと部屋の傍にうずくまっている。

Continue reading "かつて嫌っていたこと" »

June 07, 2014

引き受けるということ

当然ながら、何十年もの間に仕事上の酷い失敗を何度かしている。自分のせいであったり、結果としてそうなってしまった理不尽なものもある。

ある金融機関の新規出店プロジェクトに関わっていた時、こともあろうにその出店予定地の地主を激怒させた。事務所にいた女の子の電話応対が無礼だったと、たったそれだけのことだったが、地主は人の道に反すると激怒した。いま思えばナーバスな土地交渉のさなかである。彼もナーバスになっていたのだろう。
詫びたが収まらずもう土地を貸さぬというところまでこじれて、担当者の僕は震え上がった。まだ20代だった。
ついには何とその金融機関の支店長と一緒に地主を訪ね、玄関先で長時間粘り、ようやく中に入れてもらい、共に畳に頭を擦り付ける羽目になった。

「このクソジジイが」と僕は怒りに燃えていたが、横で共に頭を擦り付ける支店長は一言も僕のことも、事務所の女の子のことも責めなかった。間にたった代理店の担当者も共に黙って頭を下げてくれた。

地主の怒りはようやく収まった。電話一本の恐ろしさを知った。

「こういうこともあるよ」

と落ち込みまくる若い自分に対して、ニコリと笑った支店長の笑顔がいまでも忘れられない。彼こそ理不尽と屈辱に震えていたろうに。

そればかりかその日は、致命的とも言えるミスをした我々を飲みに誘ってくれて遅くまで盛り上がった。やがて支店は無事にオープンしたが、バブル後の混乱期を経てその金融機関は今はない。

だが。いまでもその駅に降りるたびにあの日の遠い記憶を思い出す。いま、自分のために横で頭を下げてくれる年上の人は殆どおられなくなった。それどころか、おそらく誰かのために頭を下げたり、嫌なことを引き受ける場面が増えたと思う。

理不尽だと憤るとき、誰かのために人の嫌がることをしなければならない時、あの日の支店長のことを思い出す。

どんな時も逃げるなと彼はきっと教えてくれた。そう勝手に僕は信じ込んでいる。

※昨日ちょっと厳しいシーンがあったのでそんなことをちょっと思い出して書いてみた。

Continue reading "引き受けるということ" »

« May 2014 | Main | September 2014 »

-