SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 引き受けるということ | Main | 紫陽花の使者 »

June 17, 2014

かつて嫌っていたこと

僕はあの古い下北沢の駅を愛していたのだなあと夜中に写真を見ながらふいに思う。

やれやれだ。

なくしたものは帰らないし、新しいものは、なくしたところからでないと始まらない。それはわかっているけれど、前も向けず先へも進めず、うずくまって生きることが意味が無いなんて誰が言えるだろう。

かつて嫌っていた生き方が、気を許すと部屋の傍にうずくまっている。

-

« 引き受けるということ | Main | 紫陽花の使者 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/59828533

Listed below are links to weblogs that reference かつて嫌っていたこと:

« 引き受けるということ | Main | 紫陽花の使者 »