SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« September 2014 | Main | December 2014 »

November 23, 2014

ミッション

TOWER RECORDS渋谷の石井麻木さん写真展へ。



大勢の若い来場者でごった返していた。なぜTOWER RECORDSで?と一瞬思ったけれど、震災前から石井さんはライブハウスやミュージシャンの写真を撮っている方だったのだと思い出す。各地を巡回してきたこの写真展が、東京でTOWER RECORDSを会場に開催されるのは理由があるのだ。写真展も半分くらいは東北LIVEHOUSE 大作戦に連動してライブの写真とビデオ。





ヘリから撮影したあの夜。決壊しそうになった国会議事堂前デモの写真がいちばんぐっときた。

で、ちょっと違うことを書くけれど、他者の表現は絶対に自分の表現とは相容れない。それは当然の自明のこととして物心ついた最初から思い込んできた。けれど、日本の学校教育というのは、皆さんも知っての通り、そういう子供の原始的な違和感を矯正していく面がある。必ずしもそういう感性は歓迎されなかった。絆を最初から違うでしょとか言って切りにかかるんだからね。何しろ。めんどくさいやつだ。









まして半分戦時体験のような経験を経て小学校に入学してきた子供の見る風景は、他の子供とどこか違っていたかもしれないのは仕方がないように思うし、そこで何らかの軋轢(さらっと書き流すがそれは当然当事者にとっては大変なことだった)があるのは当然だったろう。

でも、この「当然」と流せるようになるまでには相当の年月がかかる。その闇と暴力はもちろん比べようもないが、ベトナムやイラクの帰還兵が長く故郷になじめず、ついには次の戦場へ回帰するところに追い込まれていくようなドキュメンタリーを見たことがある。


Continue reading "ミッション" »

November 15, 2014

黒く危険な「ダイヤモンド」

浜通りの建設屋さんから聞いてきた話。

大量にたまっていく仮仮置場(浜通り、中通り始め栃木も。そこらの軒先)の黒い除染袋。これを仮置場(まだほとんど決まっていない)に運び、さらに中間貯蔵施設(大熊になるかまだ目処立たず)に運ばなければならない。

膨大な量の除染袋を運ぶには大量の車が必要だが、運搬コストは想像もつかない。通常の人件費、車代では誰もやらない。しかも除染袋を運んだ車はほかの荷物は運べない。その後はおそらく廃車。そのコストも織り込んで考えるとコストは天井知らず。

おまけに沿線住民の猛反発が予想され見通しがまったく立たない。だれが自分の家の前を四六時中除染袋トラックが行き交うことを許容するか。

一方でカネを無限に生む小槌のような仕事なので大手ゼネコンは特殊車両の開発を検討しているというが。。

混沌は続く。
黒く危険な「ダイヤモンド」。

Continue reading "黒く危険な「ダイヤモンド」" »

November 08, 2014

幼い頃、夜が嫌いだった。なぜ人は夜になると「死んで」いくのだろう。

「死んでいく」んじゃないよ。眠ってるだけだよ。明日になればみんなまた起きてくる。あなたも早く寝なさい。

それはわかっているけれど、もしも人が眠らずに生きられるなら、もっと色んなことができるじゃないか。本も読めるし、誰かにも会える。会えなくても手紙くらい書けるかもしれない。

だいたい何もできないなら死んでるのと眠ってるのとはどう違うのさ。夢を見るくらい?でも死者だって夢くらい見ているかもしれないだろ。

神様も眠るのかい?何か都合が悪いことがあって人や生き物をみんな眠らせてしまうんじゃないか?

馬鹿だねこの子は。笑。
そんな変なことを考えるんじゃない。早く寝なさい。

Continue reading "夜" »

« September 2014 | Main | December 2014 »