SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 墓標の前で | Main | 黒く危険な「ダイヤモンド」 »

November 08, 2014

幼い頃、夜が嫌いだった。なぜ人は夜になると「死んで」いくのだろう。

「死んでいく」んじゃないよ。眠ってるだけだよ。明日になればみんなまた起きてくる。あなたも早く寝なさい。

それはわかっているけれど、もしも人が眠らずに生きられるなら、もっと色んなことができるじゃないか。本も読めるし、誰かにも会える。会えなくても手紙くらい書けるかもしれない。

だいたい何もできないなら死んでるのと眠ってるのとはどう違うのさ。夢を見るくらい?でも死者だって夢くらい見ているかもしれないだろ。

神様も眠るのかい?何か都合が悪いことがあって人や生き物をみんな眠らせてしまうんじゃないか?

馬鹿だねこの子は。笑。
そんな変なことを考えるんじゃない。早く寝なさい。

-

« 墓標の前で | Main | 黒く危険な「ダイヤモンド」 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/60615393

Listed below are links to weblogs that reference :

« 墓標の前で | Main | 黒く危険な「ダイヤモンド」 »