SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« ミッション | Main | 小さな「戦争と平和論」 »

December 12, 2014

大好きな大好きな美しい日本

いつ起きるかわからない、起きないかもしれない原発事故や数百年かかるかもしれない廃炉のことなんか争点にならない、それよりも今日明日のメシのことがみんな気になるんだろう。という見切りで動いている政治家たち。

そしてまんざらそれが見当違いでもない有権者の地獄のような無関心。あの大事故で国の真髄が問われて、あなたたちの大好きな大好きな、美しい日本が根こそぎ失われてもおかしくなかったまでのことだったのに。たった3年でここまで我らは忘れてしまい、なかったことにしていくのか。

10万を超える人たちが今でも故郷に帰れない。この人たちの窮状を考えると胸が苦しくなるが、もっと恐ろしいことはこの人たちと今後同じ運命を共有するかもしれないのがほとんどすべての地域の日本人であるということ。

騙されていない。みんなわかっている。本当に大災害が原発の立地で起きたら、逃げられない。放射能なんか閉じ込められるわけがない。けれど、それはきっと「起きない」 きっと「今すぐは起きない」 それより明日のメシだ!

隣国の振る舞いには歯をむき出しにするくせに、あの悪魔のような惨状を引き起こした原発に対しては「許す」のか。忘れるのか。僕は忘れない。無人の街の真ん中で幾度も泣いたことを。しょせんは通り過ぎるよそ者であっても、あんな風景は2度と耐えられない。わからないなら行ってみろ。カラスと一緒にあの無人の静寂の街で、ネズミに荒らされた民家の前で、草むした庭で立ち尽くしてみろ。

人はここまで愚かで、この火山列島、地震列島で次々と再稼動してもう1回か2回同じような事故が起きないと動けるようにならないのか。「天罰」という言葉を使って大ひんしゅくをかった政治家がいたが、為政を行うものの上に、、天罰を与えるのは有権者のはず。その有権者が全てを水に流すなら、一体誰が彼らに天罰を与えるのか。

日本が大好きなんじゃないのか。みんな。

-

« ミッション | Main | 小さな「戦争と平和論」 »

Comments

日本人の英知は、こういうことは、考えないです。「くわばら、くわばら」でおしまいにすることです。単純に、私にカミナリが直撃する確率はありますが、考えません。同じように、自動車事故にあう確率は、原発爆発よりありますが、考えたりしません。せいぜい、信号を守る(守ってもひかれますけど)、あとは保険に入れるなる入るだけです。こういう、思想が染み付いているのが日本なら、仏教のせいでしょうね。日本に仏教が伝来したときの歴史をよく考えれば、わかります。まぁ、逆にいえば、現代は、孫悟空のように、お釈迦様の手のひらの上で、ほざくひとが多いともいえるかもしれませんね。

統計や確率を信じないで、混沌とカオスを信じるというのも、仏教にはありますよね。そういう地獄に一度は落ちてみるということでしょう。そうすると、どうやって逃げるかってなりますよ。で、日本が大好きだっていう人ほど、いざとなら、逃げます。これは悪いことではありません。生存のためです。問題なのは、逃げられないようにすること、逃げられないようにさせられることです。

ネットの一番最悪なのは、すべての逃げ道を塞ごうとしている人が英雄みたいに扱われていることでしょうかね。で、そういう人ほどまた、逃げるのが速いという理不尽さ、笑。

なので、もし、原発が動き出したら、逃げる用意をしましょう。ただし、爆発を防げる人がいたら、その人は逃げたりしません。ここが重要なんです。福島が爆発してしまったのは、解決できない人に逃げるなよってやったことです。で、時間が無駄にたってしまった。あの時必要だったのは、解決したのは、消防士のみなさんです。そこが一番大切なのに、爆発のことばかり考えても・・・。

ちなみに、原発は、動かす動かすといってますけど、まだ動いていないし、ひどいと今後も動かないでしょう。その方が儲かるんですよ、利権者は、笑。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/60798009

Listed below are links to weblogs that reference 大好きな大好きな美しい日本:

« ミッション | Main | 小さな「戦争と平和論」 »