SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 卑しきものを見て | Main | 刹那のスパーク »

April 18, 2015

数えること

歳を重ねるということは、自分の幼い日や若い日のことを知っている人たちがどんどんいなくなっていくことだ。

それは言い方を変えれば、自分が若い日に知っていた人が次々と消えていくことでもある。身の回りからも、メディアの舞台からも。

そういったことが何もわかっていなかった頃には、それらの死を一つ一つ嘆き悲しんで数えていたが、いつか数えることをやめるようになる。切りがないし、数える行為が自分にとって過酷だからだろう。

鈍感という安全地帯はこうして作られるのだろうな。

愛川欽也さん、どうか安らかに。十分にあなたの死を数えられないけれど、数えることはしないけれど、どうか安らかに。

-

« 卑しきものを見て | Main | 刹那のスパーク »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/61455116

Listed below are links to weblogs that reference 数えること:

« 卑しきものを見て | Main | 刹那のスパーク »

-