SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« May 2016 | Main | July 2016 »

June 26, 2016

遠かった




当たり前のことだけれど、ここに来ても何も覚えていない。同じ東京の中でほんの僅かな距離なのに、遠かったし、長かった。地番も変わってしまっている。

あなたはこの街で、長い年月何を考えて、どんな暮らしをされていたのだろうか。今となってはもう永遠にわからないだろうね。

Continue reading "遠かった" »

June 24, 2016

スカイツリーの近くで



ねえ。知ってましたか。俺はスカイツリーの近くで生まれたんですよ。もちろん当時はスカイツリーなんかありませんでしたけどね。(笑)本人も気がつきませんでしたが、スカイツリーを見ると何かやな感じがしてたのはこのせいですかね。忘れてましたよ。

あんなに避けて避けて避けてきた葛飾区のそのエリアに、仕事の合間に止むを得ず足繁く通っています。四半世紀もそれ以上も遅れて、まさかこんなことになるとはね。自分の愚かさと運命の数奇ぶりに真底から嫌気がさしてしまいますよ。馬鹿ですね。本当に。本当に。それにしてもね。

Continue reading "スカイツリーの近くで" »

June 22, 2016

人はなぜそこにいるのか

人はなぜその場所にいるのか。

答えは2つ。そこにいたいからいるのか、他に行くところがないからいるのだ。そんなことは当たり前だと思うかもしれないが、実は奥が深い。

行くところがないと思っていること自体が、思い込みである場合がある。そこにいたいと思っていたはずが、実は行くところがないからいただけである場合もある。

人はなぜその場所にいるのか。こんな簡単に見える問いが重いことに最近になって気づく。

あなたはなぜそこにいますか。

Continue reading "人はなぜそこにいるのか" »

June 10, 2016

身体なき頭脳-「彼ら」の狙い

アプリジャパンの会場に昨日一日中いたわけだけれど、自分にとってスマホ以後の世界でやはり面白いと思うのはロボットだなあ。ロボットの稼働ハードウェアの進歩は遅い。20年スパンでしか進化しない。ソフトウエアやクラウドのほうはCPU含め途轍もなく早いので、いまはロボットの知能に身体の発達が追いついていない状態。それで「身体なきロボット」であるディープラーニング(人工知能)が先に突っ走っているという話をされた演者があり、久しぶりにガツンときました。身体がないディープラーニングは既存の車などの稼働系に潜り込もうとしている。つまり既に「彼ら」の活動は始まっているわけですね。

技術は原発もそうだったんだけど、困ったことに人を滅ぼしかねないような領域が面白い。困ったことにね。これも「彼ら」の想定の範囲かもしれない。

Continue reading "身体なき頭脳-「彼ら」の狙い" »

June 08, 2016

地獄の門

ちょっとしたことから、いやちょっとしたことでもないのだけれど、今まで避けに避けてきた自分のルーツと、この歳になってから向き合わなければならないことになりました。

唖然としております。

関わる人たちが次々と鬼籍に入っていく中で、こじれた物事も消えていくと思っていたのですが、その後には大量の故人の軌跡。まあ平たく言えば大量の戸籍謄本やら除籍謄本の山々。その一つ一つを掘り起こしていかないと、自分の場所には辿り着かないのです。

通常とか普通とかいうのがこの世にないのはわかった上で、敢えて通常という言葉を使うなら、自分には通常の人と比べて半分の世界しかなかった。

見えない半分の世界は、確かに存在しているし、その世界に触れようと思えば触れられるのに、生まれてからこのかた、そこを避けてきた。自分らしくなかったのですが。

自分はもうこの半分を知らずにこの世界を去るのだろうと、それもまた良しと思っていたのですけれど、ここに来てやられました。世の中そんなに甘くはなかったのであります。

半分の世界の地獄の門が開いて待っておりました。

どうしようもないトラップをかけないと、こいつは一生逃げ回る。ばれたのでしょう。高いところから網をかけられた気分であります。

これが救いなのか本当の地獄の入口なのか知りませんが、そして自分は神様を信じていませんが、神というものがあるとすれば、言わばそれは自分の反作用。自分というものの向かう方向に対して働く強烈な反作用のことなのかもしれないとも思います。

もう一度言うならそれが、その人の救いになるか地獄への入口なのかまるでわからないことも含めて。それがおそらく神でありましょう。

これも面白いと思うべきなのでしょうか。僕にはわかりません。この世は手強いですよ。皆様。

Continue reading "地獄の門" »

« May 2016 | Main | July 2016 »

-