SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« July 2016 | Main | September 2016 »

August 28, 2016

台風10号と福一

台風10号で福一を大丈夫かなと心配してる人多いけど、まあ普通に考えて大丈夫じゃないですよね。また著しい海洋への汚染水流出が起きる。東電もわかってるでしょ。僕らもわかってる。でもどうにもならないから仕方がないと思ってる。海へ流れちゃったら流れちゃったで。ていうか日本人の多くがそう思ってしまっている。天井にね、頭がぶつかってるんですよね。何か対策をって言われても何があるのか。自分にもわからない。

こういう場合の対処は、本当に悲しいけど2個しかないと思う。ひとつは気にしないこと。多くのこの国の人たちと同じように。もうひとつは、酷いことにならなければ運がいいくらいで割り切ること。つまり東電と同じかな。再核反応でも起きなければ、この程度ならば、すぐに人が死なないなら。と割り切る。辛いけど、この5年半で思い知らされたこと。福一のようにいったんなってしまったら人間にできることは本当に少ない。

でも福一に関してはそうでも、他の原発にはまだできることはたくさんある。止めて廃炉がベストだけれど、自分はそう信じているけど、安全対策だってたくさんある。

伊方原発。常識として半島の付け根に原発を作り、そこに何かあっても半島の人たちがどうにか逃げられるなんてありえない。船で逃すとかバスで逃すとか誰が信じる。そうじゃない。多少被曝しても死ななければいいでしょうくらいに考えている。人の安全は常識の範囲なのにそれを無視する。

再生可能エネルギーで日本のすべてのエネルギーを担うっていう難しい話じゃない。常識の範囲だ。そういう場所は動かさない。

その常識が通じない人たちが政権にも電力会社にも官僚にも経済人にも、あなたの友人にもいることが死ぬほどわかった5年半。

自分は嘆くばかりではなく、これでも希望を探そうとしているのだが。暗い気分にさせたらごめんなさい。

Continue reading "台風10号と福一" »

August 22, 2016

恥ずかしいマリオ




マリオになって出てくるのが安倍総理ではなく往年のスポーツ選手だったら印象は全く違ったはず。BBC始め世界が驚いているのはこの臆面のなさ。それを褒め称える幼い国民。権力と文化の間に一線を引く矜持がない国だ。ハリウッドがオバマに役割を与えオバマが引き受けたりするだろうか。両者の拮抗の概念すらない。

この幼さが産むファシズムの危険がやはり懸念される。一事が万事。自分はひたすら恥ずかしい。

【BBC】Super Shinzo Abe Mario Brothers! #Tokyo2020

Continue reading "恥ずかしいマリオ" »

August 11, 2016

人を信じる -Trust People

人は信じられるかもしれないが、国は信じられない。組織も信じられない。一人ひとりの人間が集合になった時に起こる邪悪から自分達は決して自由になることはできない。それは今目の前にいるあなたを信じられるかどうかということとは全く別のことだ。これは悲しみだけではなくて力でもあるのだが。




あの大震災の時Googleで起きていたことを振り返るTED
1-3 Masashi KAWASHIMA at TEDxTohoku 2011

Continue reading "人を信じる -Trust People" »

August 10, 2016

鵺であるなら要らない-安倍昭恵さんのこと

昭恵さんは首相夫人である前に1人の人間なのだから首相と違うなら違うと個人としての思想を堂々と表明すればいいこと。そんなことはあり得ないと言う人もあるが、夫婦であっても(相方が総理でも)考えが違うことは恥じるべきことでも何でもない。個人主義を基本とする欧米なら普通でしょう。

我らは陛下ですら1人の個人として動かなければならないことがある極限の例を見たばかり。

安倍昭恵という人は恐らく悪い人ではないのだろうが、(悪意でなければ)所々で甘い。ここで動くなら修羅にならなければならない。それができないなら動かない方がいい。

鵺であるなら要らない。

Continue reading "鵺であるなら要らない-安倍昭恵さんのこと" »

August 06, 2016

オリンピックが始まった

人類は戦争はもちろん国威発揚を目的としたあらゆる場面から自由になることを目指すその1点のみで生き残れるのだと思っている。文化民族の多様性を表現するのはいいが国威を競うあらゆるものから自由になること。国ごとのメダル争いなど必要ない。いつかメダルの集計すら口に出されない世界に。どこの国のどんな民族がメダルを幾つ取ったではなく、その個人を讃える。それでいい。

そして。多くのスポーツの世界大会が別にある状況であるのに、敢えてこれだけの競技種目を一堂に集めて巨額の費用をかけて一斉に行うことの意味は何か。オリンピアの時代からは遠く離れ反対の声が強烈にある大会に臨んで真剣に意味を考える時に来ていると思う。単に華やかで良いと言うには巨大化しすぎた。数えきれない困難に直面してもそれでも我らはこのやり方でこれからもオリンピックを続けるのか。スポーツを見たければ個別の大会で見ることができる。

今となっては商業オリンピックは大変にバランスが悪い。意味を再度考えるべきだと思う。

Continue reading "オリンピックが始まった" »

« July 2016 | Main | September 2016 »