SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« December 2017 | Main | February 2018 »

January 23, 2018

意味なんかなくていい

写真を撮ることの意味とか言ってたらダメであってとにかく撮らなきゃダメだったんだよね。とにかくとにかくバカみたいに撮らなきゃダメ。皆がバカみたいに撮りまくる時代になって奇跡のように素晴らしい写真が沢山生まれてる。写真に限らないなこれきっと。

Continue reading "意味なんかなくていい" »

魔王の墓碑銘の前で-造花のような娘たち





全員社会人ってウソでしょ!?ネットで話題のアイドル『東池袋52』のクオリティが高すぎる

そうだったか。迂闊にもあのセゾンだったか。結びつかなかった。今はセゾンと言えばクレディセゾンだったのだな。52ってサンシャインのあれか。目くるめく蘇る封印された記憶の数々。魔窟は既に魔窟ですらなく、魔王もまた冥界に旅立たれた。あなたの墓碑銘になるはずだった塔の前でこんな娘達が造花のように群れ踊っている2018年。嗚呼。

Continue reading "魔王の墓碑銘の前で-造花のような娘たち" »

January 18, 2018

その人を飢えさせてはならない

この人を飢えさせていては絶対にだめですよ皆さん。と言われて深く同意する。なんとかしなけれゃだめだと思う。圧倒的な才能。今日ここに来ている人たちが頷く。みんなそんなことはわかっている。

そうだ。だからこんなむくつけきオジさんの追っかけを俺が長年やっているのだから。そうなんだ。才能に惚れているのだよ。すとんと言葉にしてもらった。

この人が食べられないなんてあり得ない。俺が飢えてもこの人は飢えてはならない。

でもその人を使って金を稼ぐ方法なんて一つも思いつかない。その人の書くものが今後爆発的に売れる未来も申し訳ないけれど想像がつかない。この人とつきあってもきっと金になど全くならない。儲からない。

けれどそれがなんだというんだ。

この世には金になどならない、できない圧倒的な才能というものがあるのだ。これを芸術というのかな。元来文化というのは本来そういうもので、金に換え易い文化ばかりがもてはやされるのはどういうことだ。だからあの人が飢えるのだ。

自分は儲けたり倒れたりの垂れたりするだろうけれど、文化として保全する意味など全くゼロだ。こういう人間は好きにの垂れても誰も悔いる必要はない。保全する文化的価値は全くない。

けれど彼を飢えさせては絶対にだめだ。ならどうすればいいのか。うだるほど金があればパトロンになるのかな。そんな金はないし、そんなことはきっとその人は望むまい。

とオロオロいつも追っかけているわけだ。まるでストーカーだ。

Continue reading "その人を飢えさせてはならない" »

January 12, 2018

汚れてもいない。美しくもない。

汚れているもののことを汚れているとは認めない。

美しいもののことも美しいと認めない。
美しくもない。汚れてもいない。
世界はただそこにあって、人の営みも含めて全て罪などない。
だから。
あるがままの、罪なき世界に対峙する自分だけが傷つく必要もまたない。

Continue reading "汚れてもいない。美しくもない。" »

January 09, 2018

明日のクリエイターを育てるはずのあなたに言いたいこと

クリエイターなら残業代など言うなというあなたのオピニオンを見てちょっとがっかりしています。あなたはクリエイターを育てる方のはず。創造と言う名のもとにあなたの教え子が社会から搾取されることを望まれますか?法は法です。いいですか?残業代は払われなければならないんです。それ以外の解釈はありません。ないんです。仕事の種類は関係ありません。

そして創造を欲する心と、それを持続する経済的サポートは両立させなければならないのではないですか?あなたがこれをお読みになるかどうかわかりませんが、そして僭越ではありますが。考えてみてください。アシスタントはクリエイターではないのです。あなたは明日のクリエイターを望む若者の味方ではないのですか?

どれだけの若者が創造という大義名分のために強者から搾取されていますか?どれだけの報われぬ明日のクリエイターがいますか?そういう人たちが明日のこの国を作るのではないですか?私達の世代がすべきことは何ですか?

Continue reading "明日のクリエイターを育てるはずのあなたに言いたいこと" »

January 06, 2018

まだ会えていない同志の記録-家族最後の日




すっかり植本一子さんの世界に嵌ってしまい、連作を全て読んでいっている。よその家族の物語であると同時に、一部は自分の物語でもあり、さらに311以降の日々を生きた「まだ会えていない同志」の日記でもあり、また同時に近くて遠い魂の歴史でもある。

様々なリスクもあるだろうに吐露してくれる壮絶なそして私的な記録から自分達が受け取るものは測りきれぬほど大きい。

Continue reading "まだ会えていない同志の記録-家族最後の日" »

« December 2017 | Main | February 2018 »

-