SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 赤い血の出ない人はない | Main | 決断と勇気と、報道とは何であるかということ--ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 »

April 15, 2018

ナイフのような心理劇-木漏れ日に泳ぐ魚




一般に小説はタイトルでかなり内容を想像させられる。強烈なタイトルのものは自ずと中身の刺激性に期待をするのだけれど、この小説は穏やかとも見えるタイトルに加え、ありきたりの設定かと思えるようなスタートで、中盤から後半の強烈さをとても想像できない。限られた登場人物による、それも一歩先も読めない緊張感のある心理劇のよう。ナイフのような切れ味が各所にある。

あとがきで鴻上さんが恋愛についての物語であると語っているけれど、それは一部でしかなく、人の記憶と観念と、もっと恐ろしい何かについて描かれている気がする。

-

« 赤い血の出ない人はない | Main | 決断と勇気と、報道とは何であるかということ--ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/66613955

Listed below are links to weblogs that reference ナイフのような心理劇-木漏れ日に泳ぐ魚:

« 赤い血の出ない人はない | Main | 決断と勇気と、報道とは何であるかということ--ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 »

-