SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« みんなアホだ | Main | 67億円の無衝撃 »

September 19, 2018

「痛い人」への祝福-樹木希林さん逝く

カーテンコールをしたいくらいのカッコいい人生だったように讃えられつつ逝った樹木希林さんだけれど、そう言えば最初は悠木千帆と名乗っていたのだと思い出した。

あの頃の樹木希林さんのイメージはムー一族の林檎殺人事件を踊るおかしなおばさん。フジカラーの「それなりに」のおばさん。そして蹴られても払いのけられても長年夫と頑として別れようとしない、どちらかというと「痛い女」だったと思う。メデイアもそんな風に取り上げていた。「痛い女」は、いつのまにか芸歴を重ね、歳を重ね、凄みさえ感じられる「ありがたい人」に変わっていった。

今でこそ最初からみんな樹木希林はああいう人だったような錯覚を持っているかもしれないが、そんなことはない。結構わけわからん人だったのである。

樹木希林さんを思うと僕は瀬戸内寂聴さんのことを思い出す。あの人も男女の修羅場の只中にある「痛い女」瀬戸内晴美から、仏のような(いやもう生き仏であろう)瀬戸内寂聴さんに変身を遂げた。

こうして考えると思う。「ありがたいと思われる人」になるための条件は、一時期「痛い人」になることなのではないか。ヤンキーの方が人生に成功するというあれだろうか。これは違うか。

人間が人間のことを考えるにあたり、そもそもそんなに大きな差は無いように思うのだが、樹木希林さんの変貌の歴史を思うと、「痛い人」と世間から思われることも、長い生の歴史の中では、マイナスだけどマイナスではないのかもしれない。あ、これはご本人も言っていた。

我々の人生はそもそも、いつもカッコいいものではない。時折痛くなってしまう誰もの人生に祝福を与えていった人でもあったのかもしれない。心から冥福をお祈りします。

-

« みんなアホだ | Main | 67億円の無衝撃 »

Comments

「変わってる」の上級が「痛い」ってことになるんだろうと思うのですが、たまたま昨日ネットで読んだ彼女へのインタビュー挑戦記のような記事によると内田さんと樹林さんの夫婦関係が「痛さ」の対決のようでして。それもある意味彼女の生きざまなのだろうと。その記事は下記に貼っておきます。

https://miyearnzzlabo.com/archives/52478

それにしても今年は多くの方が亡くなられたように感じます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/67184225

Listed below are links to weblogs that reference 「痛い人」への祝福-樹木希林さん逝く:

« みんなアホだ | Main | 67億円の無衝撃 »

-