SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

September 01, 2016

「100年の孤独」を読み返すことと「量子のもつれ」

祖母が逝って8年になるのか。

「100年の孤独」

自分が書いたものだけれど、時々読み返す。読み返した時に思うことはその時々で変わる。力をもらうこともあれば、打ちひしがれることも、忌々しく思うことも。

確かなのは、今はこれを読み返す時だということだ。

人の精神の歴史は、おそらくその個体の歴史ではない。引き継がれるもの、引き継がれてはならないもの、どうしようもないものもある。答を探す時に自分の体の中、頭の中だけを見ていても見つからない場合がある。

ところで実は人間の精神や心は宇宙を構成する元素と量子レベルで繋がっていて、遠く離れた人や死者の魂とも交感できる---交感と言っていいのかな。とにかく繋がっていて感応する。我々の体も心もそうした元素の起こす反応でしかないからだ。

最新の科学ではそうした次元を超えた感応を「量子のもつれ」と表現するのだと最近知った。

カルトではなくて、そうした考え方に立たないと説明のできないことはたくさんある。そういうことだそうだ。死者を思っても、自分の次の世代を見つめても、そうかもしれないとぼんやりと思っている。


Continue reading "「100年の孤独」を読み返すことと「量子のもつれ」" »

June 26, 2016

遠かった




当たり前のことだけれど、ここに来ても何も覚えていない。同じ東京の中でほんの僅かな距離なのに、遠かったし、長かった。地番も変わってしまっている。

あなたはこの街で、長い年月何を考えて、どんな暮らしをされていたのだろうか。今となってはもう永遠にわからないだろうね。

Continue reading "遠かった" »

June 24, 2016

スカイツリーの近くで



ねえ。知ってましたか。俺はスカイツリーの近くで生まれたんですよ。もちろん当時はスカイツリーなんかありませんでしたけどね。(笑)本人も気がつきませんでしたが、スカイツリーを見ると何かやな感じがしてたのはこのせいですかね。忘れてましたよ。

あんなに避けて避けて避けてきた葛飾区のそのエリアに、仕事の合間に止むを得ず足繁く通っています。四半世紀もそれ以上も遅れて、まさかこんなことになるとはね。自分の愚かさと運命の数奇ぶりに真底から嫌気がさしてしまいますよ。馬鹿ですね。本当に。本当に。それにしてもね。

Continue reading "スカイツリーの近くで" »

June 08, 2016

地獄の門

ちょっとしたことから、いやちょっとしたことでもないのだけれど、今まで避けに避けてきた自分のルーツと、この歳になってから向き合わなければならないことになりました。

唖然としております。

関わる人たちが次々と鬼籍に入っていく中で、こじれた物事も消えていくと思っていたのですが、その後には大量の故人の軌跡。まあ平たく言えば大量の戸籍謄本やら除籍謄本の山々。その一つ一つを掘り起こしていかないと、自分の場所には辿り着かないのです。

通常とか普通とかいうのがこの世にないのはわかった上で、敢えて通常という言葉を使うなら、自分には通常の人と比べて半分の世界しかなかった。

見えない半分の世界は、確かに存在しているし、その世界に触れようと思えば触れられるのに、生まれてからこのかた、そこを避けてきた。自分らしくなかったのですが。

自分はもうこの半分を知らずにこの世界を去るのだろうと、それもまた良しと思っていたのですけれど、ここに来てやられました。世の中そんなに甘くはなかったのであります。

半分の世界の地獄の門が開いて待っておりました。

どうしようもないトラップをかけないと、こいつは一生逃げ回る。ばれたのでしょう。高いところから網をかけられた気分であります。

これが救いなのか本当の地獄の入口なのか知りませんが、そして自分は神様を信じていませんが、神というものがあるとすれば、言わばそれは自分の反作用。自分というものの向かう方向に対して働く強烈な反作用のことなのかもしれないとも思います。

もう一度言うならそれが、その人の救いになるか地獄への入口なのかまるでわからないことも含めて。それがおそらく神でありましょう。

これも面白いと思うべきなのでしょうか。僕にはわかりません。この世は手強いですよ。皆様。

Continue reading "地獄の門" »

May 15, 2015

絶対に巻き込まれるようなことはありません

何かに巻き込まれることを意図的にやる奴はいない。いるとしたら当たり屋かヤクザである。

人は予想もしなかった巡り合わせや時の運でトラブルや事故に巻き込まれるのであり、本当のところ、それを少しでも避けるために法規を整備して備えるのである。それでも巻き込まれたらどうするか。その悩ましさの境界におそらく未来はある。

だがその悩ましさを微塵も感じているように見えない、それも数々の大ウソつきを重ねた人物が、あなた方を揉め事に巻き込むようなことは絶対にありませんと大見得を切っている。

さらに不思議なのはこのホラ吹きの大風呂敷を信じる人々がいることである。

繰り返すけど、何かに巻き込まれようとして巻き込まれる人間はいない。いるとしたら当たり屋かヤクザくらいのものである。

Continue reading "絶対に巻き込まれるようなことはありません" »

October 25, 2006

BigBangは、なぜBigBangなのか

予告しておく。誰が読んでも愉快な話ではない。

本来こういうネタははてなの方でやるんだが、このブログの話なのでここでやる。久しぶりの自分語りだから、そんな話は聞きたくねえって人は、すぐにほかへ行っておくんな。石松。

概ね書いたけれど、人と「多少異なった」幼少時代をおくった。で、それはもういい。失ったものも膨大にあるが、得たものもあるだろう。おそらく。一直線のコンプレックスや、馬鹿のような優越感に溺れる年でもない。はっきりしていることは、膨大に失ったものがあること。そして、その半面で得たものも膨大にある。それだけである。

はっきり言えば、後ろに誰もいなかった。いたのは、祖父母のみ。で、一定の年齢になれば、「あるべき家庭」に戻るはずだった。temporaryな環境で、いつかは終わるtemporaryな感覚を持ち続けた。結果的には、temporaryではなかったのだが、おそらくそれはハプニングだ。

Continue reading "BigBangは、なぜBigBangなのか" »

October 08, 2005

Time is on my side(3)-----どちらが孤独なのか。


ainsyut

「光とは何か?人類が100年間も騙され続けた相対性理論の大嘘」は凄い本だった

これを書いた後、長い時間がたってようやく最近読み終えたのだけれど、確かに「凄い内容」だった。本も凄ければ、そもそもこれを書籍にして出してしまった徳間書店も「凄い」と言われているけれど、確かにそう言わざるを得ない部分もある。

アインシュタインですら光については何もわかってなかったというのは本当であろう。そのわかっていないご本人が唱えた相対性理論など信用ができないと言われれば、確かに説得力もなくはないが、この本は何しろ「光速」というものを根本的に否定している。速いとか遅いとかではなく、光に速さがある、あるいは光が新幹線のように虚空の宇宙空間を何万年もかかって「移動する」そのあり方そのものを否定しているのである。

Continue reading "Time is on my side(3)-----どちらが孤独なのか。" »

July 25, 2005

Time is on my side(2)-----光は今でも味方しているのか

oouso

最初に
Time is on my side(1)-----時は今でも味方しているのか
を書いてからずいぶん時間が経ち、いろんなことがあった。この記事が最初の記事の続編としてふさわしいのかどうか、僕にもよくわからない。時間を順に追う自分史にも全くなっていない。なっていないのはわかるのだが、今が書くべきタイミングだと思うので、書いてみる。

変な話だと思われるかもしれない。そして現実逃避だと言う人もいるかもしれないけれど、人と人との関係、自分と人との関係、自分と社会との関係。

そうした事柄で迷ったりひっかかったりしたとき、

「そう言えば光はどうなっていただろうか」

「そう言えば素粒子で言えばどうなっていただろうか」

などと考える。いや、本当だよ。

Continue reading " Time is on my side(2)-----光は今でも味方しているのか" »

May 28, 2005

Time is on my side(1)-----時は今でも味方しているのか

確かにネットには、かなりのめり込んでいるかもしれない。

以前に比べて、とにかく席についている=机の端末に向かっていることが感謝されるような職場環境に変化したこともあり、ブログを読んだり書いたりする時間が、じわじわと増えている。ブログも始めて1年余り。アクセスやコメントもずいぶん増えた。いかん、これでは早いうちに引退しなければならないかもしれない。人のことをあれこれ言っているうちに自分が先に「終焉」してしまうと危惧する。

かといって、現在あちこちで展開されているブログvsオールドメディアのような対立二元論には、あらゆる意味であまり関心がない。なぜなら、この世のあらゆる出来事は、先に伝達する媒体を決めてから生じるわけではない。
いわば星雲のように、自分達の世界に混沌と浮かび散っているのが現象であり出来事であり、それを一つ一つ、雲を掴むように思念で捉えることが、伝える必死の試みがあればいい。その手段など本来どうでもいい。

と言いながら、こんな記事も書いてしまったが、これは個人の乏しい小さな経験を(小さなと敢えて言わせてもらう)、状況に乱暴に昇華しようとすることを、見るに見かねたからだ。きっと僕は彼の若さを見かねたのかもしれない。

それというのも。

Continue reading "Time is on my side(1)-----時は今でも味方しているのか" »

May 12, 2005

信じることができますか。----不達の星への羅針盤

「執着に執着しない」などと人には立派なことを言ってしまったが
内実は執着ばかり。
いや、間違えた。「執着」に「執着」ばかり。

今日はこの夕暮れの小雨が降る中、
人を「信じること」について絶望的になっている。
誰かにこっぴどく裏切られたわけでもない。
むしろ全ての人を限りなく裏切り続けているのは自分のほうだろう。
だとすれば、この湧き上がる自己嫌悪は何だろう。

権威を信じないこと
国家を信じないこと
組織を信じないこと
宗教を信じないこと
メディアを信じないこと
社会を信じないこと

これがお前の性根だと言われれば、喜んで、いやむしろ胸を張ってその謗りを受けよう。

Continue reading "信じることができますか。----不達の星への羅針盤" »

-