SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

November 10, 2018

俺が何者なのかは俺が決める




I decide who I am.
俺が何者なのかは俺が決める。
-フレディマーキュリー

公開2日目。IMAXで見て良かった。

自分達は多くの人の死をルーズにスルーし続けて来てここに立っているけれど、この人のこともその例外ではなかったと思う。ゲイもエイズもゾロアスター教も、まだ魔物の屋敷のように恐ろしかった時代のスターだ。自分は、何を彼が歌っているのかも、ルーズに聞き流してきたのだとわかった。そんなことばかりまだまだ多く、亡くなってもまだ追いかけないと人のメッセージはわからない。

この映画を娘の世代と共に見ることができたことは幸福だと思う。

Continue reading "俺が何者なのかは俺が決める" »

October 07, 2018

100エイカーの森の生産性とか。大人になった僕とプー。




仕事するなって2時間言われ続ける映画と聞いてたけどそんなことなかった。

100エイカーの森に住んでいた動物たちは実生活では本当に「生産性」がなくて、敢えてそれを動物にかぶせたのかなと思ったのが1つ。でも彼らは絶対に人を責めない。説教もしないんだ。

家庭を持って働く人には(男子とは言わない)辛く切ない内容なんだけど、辞めてしまえではなくて仕事しても良いけど、発想を変えようねと教えてくれる映画でもあった。

戦争に行ったクリストファーロビンてのもアウトオブイマジネーションだったかな。あと寄宿舎とか。お薦め。

Continue reading "100エイカーの森の生産性とか。大人になった僕とプー。" »

November 03, 2017

35年目のブレードランナー

初作は1982年公開。35年の年を経ての新作。レプリカントがまだ夢まぼろしの世界だった頃と比べてリアルが増している。思えば35年前はビルの外壁に大型ビジョンが唸る世界すら新鮮だった。あの衝撃は流石に再現できないものの、35年後の渾身の世界観の継承は見事だとしか言いようがない。

人間の近くに確実に忍び寄っている人工知能に対して、自分たちの感じる恐れとか、憧れ、未知のものへの距離感の掴み方など、これを最初のブレードランナー遭遇とする世代にも迫るものがあるだろう。

新宿のTOHOシネマ、IMAXで。スクリーンの大きさもだけど音が素晴らしい。お薦め。

どうだろう。3作目もありそうな雰囲気だけど、見られるかな。時間的に。



Continue reading "35年目のブレードランナー" »

October 09, 2017

「天使のはらわた 赤い淫画」を何十年ぶりかで観たのだけれど

こないだ出向いた映画セミナーでトーラさんとかに「天使のはらわた 赤い淫画」の絶賛の話を散々され、何十年ぶりかで観たんだけれど、いやー。あの頃のにっかつロマンポルノって改めてすごいよなぁ。

まずポルノ以前に暗い暗い暗い暗い。なんであんなに鬱屈して暗いんだろう。

そのうえスマホがないないないない。

連絡がつかないつかないつかないつかない。

俺なんかその辺りが気になって気になって、あ。公衆電話かけるのかそうかみたいなそこかよ。

ないないない言ってるうちにその辺で気持ちがとらわれて、エロは。。あれエロなのか。エロってあんなでしたっけ。今のAVってなんなのこれ。みたいな。なんだかエロまで妙に複雑な味がする難しいお菓子みたいなんだよなあ。

美味しいのこれ?どうなのみたいな。
まず第一に。。とか語りたくなるエロってもうないよね。ロリアニ全盛の地点から何千光年彼方の星だよ。

別の国の別のおとぎ話みたいだね。おとぎ話と呼ぶにはグロいんだけどね。あの時代の空気ってあんなでしたっけ。

うーん。これは何なのだろうと改めて考えると暗がりの狭路に迷い込むようで、この辺りが評論魂を掻き立てるのだろうなあ。同シリーズの他の作品も観たいか観たくないか。微妙です。

Continue reading "「天使のはらわた 赤い淫画」を何十年ぶりかで観たのだけれど" »

February 20, 2016

新宿で「スティーブ•ジョブズ」




新宿で映画「スティーブ•ジョブズ」 見なくてもよかったかなあ。「ジョブズとリサ」てタイトルにしたほうが良かったのではと。

Appleの歴史とジョブズのライフストーリーの概要を知らない人はわけわからんだろうし、知ってる人にはまあ。。どっちでもな感じ。映画全体がサイドストーリーみたいな。

「こんなクズだったのか!」と知らなかった人には新鮮かな。でもきっともっとクズだったと。

とにかく大半が発表会の楽屋でこんな時こんなこと言ってくるかよみたいな話をどっと登場人物が詰め込んでくるし、場面転換があまりなくてセリフが膨大。ウディアレンみたい。スラムドッグミリオネアは素晴らしい映画だったけどなあ。同じ監督だそうです。

ジョブズのクズっぷりも中途半端でリサのエピソードとかへーてところもなくはないが、しかしスカリーはお気の毒な描き方。

2013年のバージョンを見てみたくなったけど、まあどうだろうか。

Continue reading "新宿で「スティーブ•ジョブズ」" »

December 26, 2015

ディズニーとスターウォーズ


https://www.facebook.com/sakacharn/posts/1184839091544025

という投稿を見たのでちょっと。

新作はまだ観ていないのですが、ディズニーの好戦的体質については耳にしたことがありますが、あの戦争では日米ともに多くの作家が戦争宣伝に加担しました。もちろんディズニーだけではありません。

みんなに愛されて僕も大好きだった「のらくろ」は今の価値観ではただの軍隊礼賛モノですし、日本軍をこぞって慰問した有名作家の群れには今更触れるまでもないでしょう。

ウォルトディズニーは戦いも煽ったかもしれないし西部開拓を偏った視点で描いているかもしれないけれど、それでも現実とかけ離れた夢の世界も作りました。ピーターパンも戦っているし、ミッキーだって時に戦いますけどね。ウェンディも時には戦う女の子でありました。

男の子にとって。いやおそらく女の子にとっても、ファンタジーやアドベンチャーと背中合わせに血なまぐさい戦いがあります。それを夢で包んだことで罪があるならあるのでしょうが、ものごとはもう少し複雑であり、多面的に見る必要があるでしょう。

スターウォーズに関しては、きっと多くの人から同じような擁護の論が出るでしょうが、あれは戦いの物語でもありますが、父子の話でもあり、人間の善悪は何なのか、深い世界への構えも同時に用意してきました。

暗黒面に堕ちるなという警鐘のキーワードは常に現実の世界で自分に染み付いていると言わざるをえません。自分として、これが暗黒面だと実際の生活で思うことは確実にあるのです。

さらにスターウォーズは元来ディズニーが生み出したものでもありません。もちろん今後に注目ですがウォルトディズニーの「好戦的な」姿勢をスターウォーズの銀河戦争に繋げるのは些か牽強付会でありましょう。

ピクサーを立ち上げたスティーブジョブズはディズニーの重要な役員でもありましたが、かくいうアップルもファンタジーとカニバリズムの両面を持つ会社となりました。

詰まる所、我々は米国文化とその世界戦略についてどう理解するのかということであり、それはそんなに単純ではないだろうということです。

もっとも、日本は他のどの国よりもその飴の甘さと恐ろしさをわかっている国だと思うのですが、現状進行している様々な事態はつくづく残念なことです。

Continue reading "ディズニーとスターウォーズ" »

October 05, 2015

『ドキュメント72時間 夏の終わり 国会前の路上で』

ちょうど帰ってきた娘がちらっと画面に目をやって

「これNHKでしょ。こんなのやってるの。すごいじゃん」

とつぶやいて足を止めた。しばらく画面を見つめている。すぐ気がついたんだな。
スタッフとすれ違いざまに「NHKはちゃんと報道しろよ!」というデモ参加者の声が入っていたのをカットしないできっちり流していた。この番組はこういう番組。単に局単位で見ていると見えないものもある。


以前NYロケでは、いきなり

「日本ではいま福島について話すことはタブーだって聞いたけど本当?」

と唐突に話しかけてきたアメリカ人女性の発言をノーカットで流していた。この番組はNHKの牙を隠した偽装の羊なんだ。


新宿二丁目の、その筋の定食屋に真夜中に取材に行った時は、客からいきなり

「取材してどうするんだ。NHKが何しに来た。結局動物園に来るような目であんたたちは取材するだけだろう」

と強烈に言われる。スタッフは朝まで議論して最後は仲良くなるんだが、そんな場面なんて普通は丸ごとカットですよね。全部ではないがスタッフのため息までオンエアした。

明け方の街に最後は笑顔で手を振って消えていったゲイのおじさんに涙が出た。


よく見ていればわかることがある。想像できないような制約の中で針の孔ほどのメッセージを通すことに文字通り命を削っている人たちもいる。

中国共産党と中国人を一緒にしてはならないように、組織と人とを同一視してはならない。そこに生きる現場のメッセージを見逃してはならない。

Continue reading " 『ドキュメント72時間 夏の終わり 国会前の路上で』" »

May 24, 2015

戦場ぬ止み -月並みな予想を裏切られるドキュメンタリー映画





「戦場ぬ止み」
※いくさばぬとぅどぅみ と読みます

単なる辺野古反対の運動映画だと思って見に行くといい意味で期待は裏切られます。ご自分の立場に関わりなく本当にみんなに見に行って欲しい映画。

僕はこれを見てちょっと辺野古の問題に対する意識が変わりました。僕たちはひとつの現象を理解するのはそんなに簡単なことではないのだと思い、同時に福島のこともずっと考えていました。何が違うのかと何が同じなのかとか、いろんなことを。浜通りの人たちにも見てもらいたい。どう感じるかな。

沖縄のおばあ、文子さんの語る沖縄戦のすさまじさ、翁長さんの出てくる高揚感。海保とのやり取り、ゲンさんという人間のこと。見るべきところがたくさんあります。

東中野のポレポレで。昨日から始まったばかりです。

Continue reading "戦場ぬ止み -月並みな予想を裏切られるドキュメンタリー映画" »

May 03, 2014

『ラストデイズ 忌野清志郎×太田光』


『ラストデイズ 忌野清志郎×太田光』

夕べ録画を見ていて、彼について知らないことがたくさんあったことに気がついた。そして少し驚いた。

思ったことは他にも色々あるが、その一つは、人が何かに拘ることにはきっと理由があるということだ。誰でも。そしてキヨシローでも。

本当は何の理由もなくても、この星に生きているものとして、呼吸をしているものとして、特殊な理由がなくてもいま起きていることに、今の生活を崩すこともなく生活者の1人として息をするように平然と立ち向かうべきなのだと思っている。それがきっと理想であり自然だ。

だが現実はそうはできていない。こだわる人にはこだわるだけの理由がある。それが現実であってそこで理想を振りかざしても仕方がないのかもしれない。

降りてくるものには降りてくる理由がある。物理の法則のように。

Continue reading "『ラストデイズ 忌野清志郎×太田光』" »

June 22, 2013

Oblivion ドローンの恐怖とロマン

998879_595240003830534_1500066558_n

映画 「Oblivion」を見た。Oblivionとは「忘却」という意味。ネタバレになるからストーリーは書けないけれど、ただのSFではなく、人が人として何であるかまで想像を刺激する。

それにしても最近のハリウッド映画の描く人類の未来はそのエンターティメント強調路線にも関わらず、どこまでも暗い。

SFにでてくる武器や恐怖はその時代のトレンド最先端を反映する。思えば「マトリックス」や「アバター」で人類が武器としたのはガンダムのような巨大ロボット兵器だった。人類が人類の考えるもっとも恐ろしいものを世界最高水準で造影化するのがハリウッドだからだ。この映画では放射能汚染、核、クローン、さらにどうみてもオスプレイの進化形としか思えない戦闘機。

そして何と言ってもこの映画で恐ろしさを発揮するのは凄まじい戦闘能力を持つ「ドローン」である。

すでに世界中で毎日何十人、何百人もがドローンで殺されていると言われるがその数ははっきりしない。最近はFBIが自国内でも監視用のドローンを飛ばしていることが暴露された。ヒズボラがすでにドローンを飛ばしているという説すらある。

パイロットはアメリカの砂漠のただなかに隔離されたシェルターでゲームのように画面に映る遠い国の街角の敵対者を殺害する。普通の神経ではいられないために、たちまちPTSDに陥り長くは続かないというその「仕事」。そんな人間の弱さを救うのは、あるいはドローンをさらに操作する「人以外のもの」なのだろうか。


敵が誰であるのか最後まで一向に明らかにされないところも、現代の世界の地獄を描写してふさわしい映画だ。そんな地獄だけでなくロマンもある。オルガ・キュリレンコが本当に美しくトムクルーズは同世代とは思えない。お薦め。


Continue reading "Oblivion ドローンの恐怖とロマン" »

より以前の記事一覧

-