SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

October 20, 2006

ジェンダーを超えた孤独----中村中「友達の詩」

このところiPodで中村中(なかむらあたる)というシンガーの音楽をずっと聴き続けている。iPodがいいのは、同じ音楽を異なる風景やsituationの中で聴いて何かを「確認」できることであり、その音楽を聴いている自分の精神状態というか、気持ちというか、そういうものも何度も「確認」できることにあるように思う。

さて、中村中だけれど、ご存知の方も多いと思うが、「彼女」は性同一性障害というカテゴリーが当てはまる人である。戸籍上は男性として生を受けたが、心は女性である。その後、おそらく手術などをされたのだと思うが、現在は見かけ上も、声も本当に女性そのものであり、しかも美声である。

よく伸びる高音は言うに及ばず、元来「男性であった」ので女性にはなかなか出ない、低い声も持ち続けており、その両極が彼女の声と表現に深みと奥行きを与えていると思う。

Continue reading "ジェンダーを超えた孤独----中村中「友達の詩」" »

November 09, 2005

本田美奈子の死-----僕は「ミス・サイゴン」を忘れない

misssaigon

その日。 深夜のネットサーフィンで手が止まった。
画面右下にあるニュースチェッカーに文字が流れた。

本田美奈子の死。

白血病のことは知っていたが、まさかと思っていた。
その日は一日忙しく、ニュースを知るのが遅れた。いつも人の死は知らないうちに唐突にやってくる。

「生者は死者に煩わされるべからず。」とは釈迦の言葉だと言う。

Continue reading "本田美奈子の死-----僕は「ミス・サイゴン」を忘れない" »

-