SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

August 22, 2017

皆既日融のぞわぞわ

上海まで皆既日融見に行ったが。あれは本当に良かったと思う。気温が急に下がる。動物がざわめく。鳥が飛び立つ。人も叫ぶ。自分の奥の何かがぞわぞわする。機会あれば皆様もぜひ。

一瞬にして真夜中の暗闇になる。という現象は皆既日融以外では体験できない。普通は緩やかに夜になるから。近いのは突然の黒雲で空が真っ黒になるみたいなことだけどそれとは比べ物にならない。急激に気温が下がります。背中のゾワゾワが増す。

そして我々も動物も体内時計にそんな事態はインプットされていない。動物は夜になったと勘違いするのではなく、理解し難いことが起きてパニックになるのです。その場にいるとわかる。そして人間も泣き出したりします。本当に。


August 20, 2017

牛乳石鹸のCM--細くて暗い道

例の話題になった牛乳石鹸のCMを見てからずっと考えていることがいくつかあるから書きとめておく。

主人公の男性の行動は、いまどき確かに批判される部類に属するのだろう。そんなことは誰が見てもわかる。しかし、CMには正しい行動をする人物しか登場してはいけないのだろうか。あなたが、私が、我々の全てが人生においてそんなにいつも適切な行動ばかりしているのだろうか。適切ではないにしても彼のしている行為はそんなに理解不能だろうか。彼の心に痛みがある時点で見る側は視点を変えなければならないのではないか。いつも道徳の教科書どおりのモラル感覚がないとCMが打てないわけはないだろう。

さらにこの男性が鬱の症状ではないか。とかなぜそんな暗いものを見せられなければならないのかという批判もあるようだ。わからないこともないが、なら問いたい。CMはいつでも明るくなければならないのか。鬱の男性が登場してはいけないのか。あなたの周りに鬱の人はいないのか。私たちはいつもCMを見て明るい気分にならなければならないのか。

そして最後に。牛乳石鹸とこのストーリーが何の関係があるのかという声について。その関係性の細い筋に向けて、制約の中で商業作品の作り手は勝負をするのではないかと思ってきた。ずっと前からだ。これからも変わらないと思う。


新井浩文出演・「与えるもの」編/牛乳石鹸PR映像

Continue reading "牛乳石鹸のCM--細くて暗い道" »

August 12, 2017

そのあとは?

北朝鮮を見ているとどうしても戦前の日本のイメージが浮かぶのだけれど、まさか本気でアメリカと全面戦争になっても勝てるなどと思ってはいまい。思ってないよね。思うわけがない。思ってなければいいな。 #おい

せいぜい常人の考えつく範囲では、グァムに(4発撃つと言ってる)中距離弾道ミサイルを予告発射してそれぞれ東西南北50-100km程度のピン差に落とす。ほらやろうと思えば次はグァムの基地でも当てられるぞと虚勢を張り、おお北朝鮮やるもんだ。刈り上げやるもんだと世界をあっと言わせたい。アメリカを震え上がらせるまでなくてもぶるっとさせたい。そのあとは?

そのあとは?

その後を考えているよね。いるはずだ。いるだろ?いるといいなあ。

祖国と朝鮮半島を灰塵と化してもこれが朝鮮民族の誇りというものだ。意気をあげるのだ。と本気で思っていたらどうしようね。

その先?

そもそもここまでチキンレースをやるほどの理由が北にあるとも思えない。いいところで止めておいても、暴挙さえ行わなければさすがに米国も国家転覆の攻撃はもはや仕掛けにくい。グァムにミサイルなんか撃つ必要あるのか。いやそこまでが刈り上げ坊主の「ギリギリ」なのか。

沖縄を取られても最後は本土決戦で、それで負けたら皇国の運命はそこまで、いや皇国は神風によって守られており負けるわけがない。と当時の日本人が、そして権力層がどこまで本気で考えていたか僕は知らない。知らないけれども、結構信じちゃっていたからああいうことになったのではないか。

歴史上一定周期で暴走する国家は現れる。この国を含めて。正気と狂気の境がしっかり見えていればまさかとなるが。まさかという坂は時折歴史に現れる。

もちろん人ごとではないのであり、この国も3度の核の壊滅に晒されながらこうなのであるから。

とにかくまあ落ち着け。そこに座れと言っている中ロの方が大人に見えるのだから困った話である。

Continue reading "そのあとは?" »

July 09, 2017

百万倍の無力




段々と年を重ねて言葉が出なくなってくる。けれど思う。本当の希望は写真の中だけにあるのではなく、食い入るようにそれに見入る若い人たちの中にあるのではないかと。

日本の報道は血を写さない。死体を写さない。だからなんだと思うだろうか。そうであればこの写真展に一度は足を運んで欲しいと毎年思う。

どうせ何もできなくて死んで行くのかもしれない。あなたも私も。けれどそれに気がつけるのか、気がつかないまま死んでいくのか。俺はそこは大きいと思っている。

無力の裏返しであることはわかっている。でも無力も100万倍すれば何かがかわるかもしれない。無力の自覚が集まれば。

Continue reading "百万倍の無力" »

June 23, 2017

死は圧倒的だ

この世の大抵のことはなんとかなる。何ともならないと思っていても大抵のことは何とかなる。それでも、どうやっても何ともならないこともある。人の死だ。死は圧倒的だ。合掌。

Continue reading "死は圧倒的だ" »

April 30, 2017

底が知れない

2011年のことをぼんやりと思い出すと日常に降ってきた突然のそれも激烈な災禍であるということがある。それも3月11日の午後の時点では東京にあって、ことの大事には気がついていなかった。テレビの映像は遠い世界のようで、たくさんの人が死ぬとは思ったがその夜のメルトダウンには夜中過ぎまで気がつかなかった。

GWに閣僚がこぞって外遊に行き、平和そのものの渋谷の雑踏にまみれて、通常の連休とただ違うのはミサイル発射の報でメトロが緊急停止になったこと。東京にミサイルの標準を合わせている国が確実に存在し、場合によっては迎撃しなければならないこと。その際には頑丈な建物に避難しろと政府が人ごとのようにどこか遠いところで言っていること。

これは何なのだろう。圧倒的な非日常が圧倒的な日常の隣にある。

あの311を思い出すのは、災禍の凄まじさに反比例した正常化バイアスの凄まじさ。もちろん自分も含めて。

現代の戦争というのは、きっと過去のあらゆる戦争とは異なる。それがどのように始まるのか。開戦後にも109で買い物を続ける若者がいるのかいないのか。メトロが何度もJアラートで停止し、それにも慣れてサラリーマンは会社に急ぐのか。そんなプロセスを飛び越えてある時に閃光が走るのか。。何もわからない。経験したことがない。

1930年代から敗戦まで15年以上にもわたって進行したことが、現代の戦争では一瞬にして、たとえば10日間ほどで進行するのかも知れない。


予測不能(いや予測はしようと思えばできた。しようとしなかった)であった福島の大惨事すら、「あっちでよかった。こっちでなくて」と流そうとする者がいる。あれは皆の本音だとうそぶく者がいる。

自分の頭上の1発の閃光などたぶん、ない。ないはずだ。あるとしても考えてもどうしようもない。ならば今日のこの時を、楽しいことだけ考えて暮らす方がいい。終わるなら終わるでみな一緒だろう。仕方がない。

底の知れない刹那というかデカダンというのだろうか。自分たちがたどり着いたのはこういう世界だ。ここまではそう。これからはわからない。どんな世界になるのか。わかったところで抗しきれるのか。

GWの戯言である。

Continue reading "底が知れない" »

April 27, 2017

鳥の逆襲

202x年。ツイッターはもはや完全に失速し、マストドン人口は5億人に達しようとしていた。自由を謳歌したマストドンにも当局の監視が入るようになった。

各インスタンスを巡回して問題トゥートを見張るのがマストドン警察。通称マスポリ。ロゴは制服姿のマストドンのイラストである。

マスポリの勧告を受けた各インスタンス主は問題のトゥートの削除と当該アカウントの締め出しを強いられた。従わない場合には当該インスタンスのドメイン使用停止、強制的なDNSレコードの書き換えなど強硬措置が取られる。

これに反発した自由を求めるマストドン住民は、ツイッター社が国家権力との狭間で機能していた鳥の時代を懐かしみ新たなSNSである「鳥の逆襲」(通称ネオツイッター)に集まるようになった。

#以下続 #かないかも

Continue reading "鳥の逆襲" »

April 21, 2017

マストドン-破壊できない世界

いつの頃からか鳥では普段着でジャージとかでごろっとできないようになった。ていうかそのことにすら気がついてなかった。自覚していなかった。マストドンに来てからようやくそれに気がついた。

おまけに鍵を人に預けている部屋に住む居心地悪さがない。確かに今は人のインスタンスに住んでるが、その気があれば家も建てられるし引越しもできる。それでいてご近所とその後もおつきあいできる。

あまり言う人を見ないけど、これで国家が場を破壊できなくなったなてのも感じる。ツイッターは米政府に干渉されて噛みついていたけど、いつまで抗しきれるか不安を感じていた。

マストドンはそう簡単に壊せない。外圧で壊すのは限りなく不可能。インターネットの最もインターネットな世界。分散していて破壊できない世界だ。

それを破壊する者があるとすればそれは俺ら住民だ。内部から瓦解するのはある。過疎るも含めてね。けれど外からは壊せない。

Continue reading "マストドン-破壊できない世界" »

April 14, 2017

最後には空を仰いで

現実に世界がおかしくなってしまい、真綿で首を絞めるように理由と正義と怒りが手を組んで包囲して戦いを迫ってきた時。

自分は好戦的でもなんでもないのに、どうすることもできないままに必然と必然が手を絡ませて動けなくなり戦いに巻き込まれ、そしてとうとう空から火の玉が降ってきた時。

そうなってしまったら、自分にできることなんてほとんど何もないのだと言うことを思い知らされる。そうした局面の事態になる前に、日常の中で小さなパズルを右から左にせめて動かしたり、無気力というあなたのところにも時々訪れるそいつと戦ったり。

そして結局は最後には空を仰いで祈るしかない。父祖もきっとそうだったのだろうと思う。しかし今ではこの国には祈るべき神すらもほとんど存在しないのだった。

Continue reading "最後には空を仰いで" »

April 08, 2017

プーちゃん?オレオレ。

「もしもし?プーチン?プーちゃん?オレオレ。トランプ。あのさちょっとさ。ほんのすこーしだけシリアにドカンとトマホーク撃つからさ。危ないから逃げてて。

え?ちょっと話聞けって。オレもさ。いろいろ辛いのよいま。オバマケア潰せないしさ、大統領令通んないしさ。支持者もうるさくてさ。その上プーちゃんとつるんでるって言われてさ。

え?だから話聞けって。

ドカンと撃ってすぐ終わるから。ほとんど砂漠よ砂漠。砂漠に50発くらい撃つからさ。あとちょこちょこっと空港に撃ってすぐ終わるから、あぶねーから逃げてて。いま言うよ?空港の名前。

それとさ、アサドにちょっとガツンと言っといてよ。やりすぎんなって。習近平と違ってさプーちゃん話わかるから好きよ。北朝鮮もこんな感じで行けばいいんだけどな。

じゃあね。これからもまあ大変だけどお互いガンバろうね。じゃあねー。トランプでしたっ」

Continue reading "プーちゃん?オレオレ。" »

より以前の記事一覧

-