SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

September 20, 2018

67億円の無衝撃

‪ザイフが67億円抜かれたって聞いても大して衝撃がないのだから慣れとは恐ろしい。その昔、ニセ白バイ警官にたった3億円盗まれただけで日本全国がこの世も終わりかのように大騒ぎになった時代があったなんてウソのようだ。‬

Continue reading "67億円の無衝撃" »

September 19, 2018

「痛い人」への祝福-樹木希林さん逝く

カーテンコールをしたいくらいのカッコいい人生だったように讃えられつつ逝った樹木希林さんだけれど、そう言えば最初は悠木千帆と名乗っていたのだと思い出した。

あの頃の樹木希林さんのイメージはムー一族の林檎殺人事件を踊るおかしなおばさん。フジカラーの「それなりに」のおばさん。そして蹴られても払いのけられても長年夫と頑として別れようとしない、どちらかというと「痛い女」だったと思う。メデイアもそんな風に取り上げていた。「痛い女」は、いつのまにか芸歴を重ね、歳を重ね、凄みさえ感じられる「ありがたい人」に変わっていった。

今でこそ最初からみんな樹木希林はああいう人だったような錯覚を持っているかもしれないが、そんなことはない。結構わけわからん人だったのである。

樹木希林さんを思うと僕は瀬戸内寂聴さんのことを思い出す。あの人も男女の修羅場の只中にある「痛い女」瀬戸内晴美から、仏のような(いやもう生き仏であろう)瀬戸内寂聴さんに変身を遂げた。

こうして考えると思う。「ありがたいと思われる人」になるための条件は、一時期「痛い人」になることなのではないか。ヤンキーの方が人生に成功するというあれだろうか。これは違うか。

人間が人間のことを考えるにあたり、そもそもそんなに大きな差は無いように思うのだが、樹木希林さんの変貌の歴史を思うと、「痛い人」と世間から思われることも、長い生の歴史の中では、マイナスだけどマイナスではないのかもしれない。あ、これはご本人も言っていた。

我々の人生はそもそも、いつもカッコいいものではない。時折痛くなってしまう誰もの人生に祝福を与えていった人でもあったのかもしれない。心から冥福をお祈りします。

Continue reading "「痛い人」への祝福-樹木希林さん逝く" »

August 09, 2018

みんなアホだ

「詳しく書いてあるいい記事見つけました。うちのサービスも載ってます!」

社内一斉メールで得意げにリンク回してきた奴がいる。どっかで見たタイトルだと思ったら。。。

なんで気がつかないんだよ。書いたの俺だよ。うちのサービス載ってるに決まってるだろ。俺が書いたんだから。画像見てみろよ。いつも使ってる奴だろ。

確かに本名じゃないけど署名もプロフィールもあるだろ。記事最後まで読んでないのか。完全に俺じゃん。文末に顔写真まで出てるじゃん。そっちの名前だって知ってるでしょうが。何でわかんないかね。アホだ。いつも何も見ていないからそういうの気がつかないんだよ。アホだ。

しかしメール回っても誰も何も言ってこない。誰も気がつかないのか。みんなアホか。何も見てないのか。みんなアホだ。どこに目をつけてんだ。

名乗るのが面倒だからもう誰か気がつくまでほっとくことにした。でもずっと誰も気がつかないかも。そんなもんか。そんなもんだよ。

まあ褒めてくれたんだろうからいいことにするか。

でもみんなアホだ。

Continue reading "みんなアホだ" »

「40歳になったら死のうと思っている」

村野ミロ再読シリーズ。ようやく、ようやくDARKに辿り着いた。思えば光州事件の映画「タクシードライバー」を見た時、DARKに光州事件が登場していることを知ったというか知らされて、かつて読んだこの全身が朽ちて滅びていくようなこの小説の内容をほとんど忘れてしまっていたことに驚いて、それがミロシリーズ再読のきっかけになったのだ。だから僕は「タクシードライバー」のおかげで、村野ミロに再会したのだとも言える。

それにしてもクールな書き出しだ。40という年齢が沁みる。これが「60歳になったら死のうと思っている」などと書いても何もクールではない。クールではない時点で長く生きすぎたのかもしれない。必死に生きようとする人たちが数多くいる中で不謹慎だと言わないでほしい。死にたいのは村野ミロであり桐野夏生ではない。村野ミロはそういう女だ。

もちろん、もはや死んだところでクールになれない自分でもない。



Continue reading "「40歳になったら死のうと思っている」" »

July 08, 2018

死刑囚にバラの花を貼ってはならない

死刑囚写真に次々「執行」シール TV演出に疑問の声も


こういうことをしてはいけないのだという人としての基本の違和感、危機感がない。おそらく選挙の投票結果とか、街角アンケートとかと同じ発想で悪意なくやったのだろう。人の死とか死刑とか、そしてサリン事件の重さ、深刻さに対する厳粛の意識を説く人がメディアにいなくなってきているのではないかと思う。あるいは若いスタッフの浅慮であるなら、こういう時こそリアルを知っている世代が頑張るべきだと思う。きっとさらに前にはあさま山荘とか、戦争体験とか、沖縄戦だとかに繋がるリアリティの劣化なのだろうなと思う。

Continue reading "死刑囚にバラの花を貼ってはならない" »

June 27, 2018

渋谷を毎日通るおっさんによる渋谷駅攻略ポイント











●ヒカリエとマークシティの区別がつくか
●何度も無駄な上がり下がりをさせられた時騙されているのではと疑わないで確信を持って迷いなく進めるか
●昨日までの記憶を毎日忘れられるか
●東横線までJRからまさかこんなに歩くわけはないと途中で引き返したりしないでいられるか
●まさかあの渋谷駅ともあろうものがこんな細い迷路に客を通すわけがないと思い込まないか
●外に出ればなんとかなるだろうなどと安易な考えを捨てられるか
●誰かに道を聞けば教えてもらえるなどと言う甘い考えを捨てられるか
●今日覚えた知識は明日はゴミになると割り切れるか

#毎日が意識のコペ転

#書いているうち人生のことのように

Continue reading "渋谷を毎日通るおっさんによる渋谷駅攻略ポイント" »

June 09, 2018

村野ミロ読み返しプロジェクト




村野ミロシリーズ読み返しプロジェクト。第2作は1994年「天使に見捨てられた夜」日活で映画化されてたのか。この頃インターネットがあったら謎の大半は秒殺で解決するな。

それにしてもこの頃の桐野夏生は筆が走っている。降りてきた物語に書かされている感じ。

Continue reading "村野ミロ読み返しプロジェクト" »

May 27, 2018

久しぶりに村野ミロに会う



何年振りかで桐野夏生の村野ミロシリーズを無性に読み直したくなった。前には図書館で読んだらしくいくら探しても家に一冊もない。仕方なくAmazonで文庫本を買って一作目から読んでいる。こんな深夜に読むと変な夢を見そうだが構わない。

ストーリーはほとんど忘れていたが、懐かしい知り合いに再会したよう。暗く孤独で荒々しくて不安定で時に暴力的でエキセントリックな女。ミロ。久しぶり。

Continue reading "久しぶりに村野ミロに会う" »

May 23, 2018

桜となってはいけない

事実を淡々と述べながらも決して人を責めず自らの責任を語る若者に多くの人が共感した。自分もその例外ではないが、その姿に旧日本軍の兵士のような危うい美意識を感じたのも事実。

私たちはこういった日本人の「美徳」と一度は決別したのではなかったろうか。不正な圧力には決して屈しない態度、凛とした態度が尊敬される国になろうとしたのではなかったのか。責任を自ら引き受け滅んでいく桜ばかりを美しく思ってはならないはずだ。

なぜこの国の隅々でパワハラが横行するかと言えば、そうして耐えて責任を引き受ける姿の幾ばくかを私たちが美しいと思ってしまい、戦う者たちに対しては、和を乱すものとして眉をひそめる性向があるからだ。それが続く限り、社会の隅々の人達まで抵抗しない限り、蜂起しない限り、そうした人達こそが尊敬されるようにならない限り、この国からパワハラはなくならない。

また桜が散っていくだけだ。

Continue reading "桜となってはいけない" »

May 01, 2018

軍政の闇を抜けてきた国-映画「タクシードライバー」と光州事件





今日新宿で観てきた。

「タクシードライバー」というタイトルの軽さと、前半のコミカルなトーンに騙されると、後半で途轍もなく、凄まじく打ちのめされる映画。

南北会談が話題の韓国だけれど、自分たちが大学生の時は、岩波の「韓国からの手紙」が作者不詳で話題になり、とにかく軍政の「暗い国」であり、圧政国家であり、中の様子が今のように伝わってこなかった。光州事件はそんな最中の1980年。中国の天安門事件とも重なる、自国軍による民衆の大虐殺である。韓国はそんな時代を経て、今に至っており、戦いの地獄を日本より遥かに知っている。

自国の軍が銃を国民に対して水平乱射してくる地獄を中国もロシアも韓国も知っているが、幸いにして日本は知らない。もちろん自分も知らない。その甘さが、今日の政権の跋扈を許す甘さにもつながっているのだろうなと思う。

秀作。

Continue reading "軍政の闇を抜けてきた国-映画「タクシードライバー」と光州事件" »

より以前の記事一覧

-