SNS

My Photo

My List

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 遠くから投げる石 | Main | 夜 »

September 12, 2014

墓標の前で

夢を見た人の中で、本当にその夢を掴めた人は僅かしかいない。神の僥倖。

その人の墓標の前で僕達はつくれるはずのものもつくらず、掴めるはずのものも掴まず、互いの見つめる先ばかり気にしている。

それはかつて世界を変える武器だったのだよ。

遠くであの人の声がする。

--

« 遠くから投げる石 | Main | 夜 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 墓標の前で:

« 遠くから投げる石 | Main | 夜 »

-